« 10/18(土) オープンキャンパス情報! | トップページ | 実習報告会 ~社会福祉士学科~ »

2014年10月20日 (月)

就職内定!~社会福祉士学科~

社会福祉士学科 就職内定インタビュー

 

伊藤さやかさん 「特別養護老人ホームそうだ藤の森」に内定

衞藤有希さん 「大分県社会福祉事業団」に内定

Sw1

 

Q クラスメートの中で最初に内定が出ましたが、今のお気持ちを聞かせてください

 伊藤:就職が決まってほっとした反面、絶対に資格を取得しないといけないという思いがより強くなりました。

 衛藤:私は、就職先が決まって、勉強している時も働くことをイメージしながら勉強に取り組むことができるようになりました。次は国家試験にむけて一直線という心境です。

 

 就職の情報はどのようにして得ましたか

伊藤:私の場合は、夏休みにあった「福祉の就職フェア」に行った時に行ったブースで声を掛けられたことがきっかけです。その後、受験しようと思った決め手は、もともと特養に就職しようと決めていたのでそれが合致していたことと、面接官の方の印象もよくて、その人柄もこの施設に就職しようと決めたことに大きく影響しています。

衛藤:私は、学校の掲示板を見て、採用があることを知りました。事業団で働いていた智泉の先生に業務について聞いてみたり、知り合いにも聞くと“働きやすい環境だよ”と言っていたので受験しようと思いました。

 

Q 内定を頂きましたが、これからの学校生活をどのように過ごしていきたいですか?

衛藤:最終目標である国家試験は、資格試験なので、皆で頑張れば、全員合格することができます。なので、みんなで協力して頑張っていきたいと思います。

 

伊藤:早期に就職が決まって、勉強に集中できる環境にあるので、その環境をフルに活用して頑張っていきたいと思います。

 

他のクラスメートのお手伝いも積極的にしていきたいと思います。

 

Q“福祉の道”を検討している方へのメッセージ

衛藤:入学する前は、専門学校ってこんなに勉強するとは思っていなかったのですが、国家試験対策もばっちりしてくれ、一方では実践に活用できる価値や倫理も学ぶことができます。価値や倫理は、自分自身がどういう人間であればいいかということを考えるきっかけにもなりました。

就職に関しても、先輩で受験した方のデータも学校に残っており、就職試験対策も前もってできたのでそれは大きなメリットだと思います。

 

伊藤:学校の勉強もそうですし、実習中もそうだし、今までの自分の価値観とは違うことを求められていることも多いので、それがこれからの人生に活かせると思います。卒業後に福祉の道に進まなくても学ぶ価値は無限にあると思います。

 

衛藤:今、一般企業で働いていたりしていて、「何か違うんじゃないかな」と感じている人や、違和感を感じている人、違うことに目を向けたいと思っている人であれば、ここに来ることは間違いじゃないと思います。

 

 

« 10/18(土) オープンキャンパス情報! | トップページ | 実習報告会 ~社会福祉士学科~ »

社会福祉士学科・精神保健福祉士学科」カテゴリの記事

最近の記事と写真

  • Dsc_0330
  • Dscpdc_0002_burst20190725142223923_cover
  • Dscpdc_0003_burst20190729113903179_cover
  • Dsc_0328
  • Sw116
  • Sw117
  • Sw110
  • Sw111
  • Sw112
  • Sw113
  • Img_6673
  • Img_6674
  • Img_6675
  • Img_6676
  • Img_6680
  • Img_6682
  • Img_6684
  • Sw104
  • Sw105
  • Sw106
  • Sw100
  • Sw101
  • Sw103
  • Sw107
  • Sw108
無料ブログはココログ