« 合同入試説明会 体験発表 ~介護福祉士学科~ | トップページ | 介護福祉士学科 特別講義を実施しました »

2016年5月 2日 (月)

合同入試説明会 体験発表 ~製菓製パン学科~

4月22日(金)に大分県内にある高校の先生方を対象に、学校法人後藤学園の学園設置専門学校の合同入試説明会を実施しました。

その際に卒業生が体験発表をしてくれました

原文のまま掲載します

製菓製パン学科 野中 千夏子さん

A48o2339
  私は、今別府にある旅館「潮騒の宿 晴海」で働いています。

  旅館の中にあるカフェで売られているケーキを製造しています。

  私がこの学校に入ったのは、お菓子の技術や知識を学びたかったからです。学校生活を通し、この学校に入ってよかったと思うことが大きく分けて3つあります。

  1つめは、お菓子の技術や知識を深くそして楽しく学べたことです。実習では洋菓子・和菓子・パンを学びましたが、作った種類は数えきれないほどです。基本的な事から専門的な事まで幅広く学べた事はとてもよかったと思いますし、今の仕事に約立てている事もたくさんあると思います。

  また座学の授業ではそれぞれ専門の先生から分かりやすく丁寧な講義をしていただきました。国家試験の勉強のサポートもしてくださり、卒業する時には製菓衛生師の資格を取得することが出来ました。

  2つめは今の職場に就職できたことです。専門学校の先生からの紹介がきっかけで今の職場に興味を持ち、そこで働いている卒業生と連絡をとって就職しました。

  最初はできる事も少なく、うまくいかない事もたくさんあります。ですが、日々の仕事の中や、仕事が終わってから練習することによってできる事が増えていき、自信にも繋がっています。そして自分の作ったお菓子をたくさんの人に食べてもらえる事は嬉しく、今の職場にとてもやりがいと感じております。

 そして3つめに同じ夢を持つ仲間に出会えたことです。最初は単純にお菓子の勉強ができればよいという考えでした。しかし、今ではこの仲間に出会えて本当によかったと思います。お互い助けあい時には刺激を与え合ったりしました。

 2年間共に過ごしてきた仲間は自分にとてもよい影響を与えてくれたと思います。就職した今でも、お互いを励みにしたり、ライバルという意味ではよい関係を築いていると思います。私にとって、とても大切な存在です。

 専門学校での生活は私を成長させてくれた場であり、自分の考え方やお菓子に対する情熱を見直せた場でもあり、何より大切な仲間に出会えた場所です。

 学校生活で学んできた事を忘れずにこれからも頑張っていきたいと思います。

 今はまだまだですが、これからもっとお菓子作りの腕を上げて、誰もが頼れる一人前のパティシエールになります!

潮騒の宿 晴海

« 合同入試説明会 体験発表 ~介護福祉士学科~ | トップページ | 介護福祉士学科 特別講義を実施しました »

オープンキャンパス・入試・イベント」カテゴリの記事

最近の記事と写真

  • Dsc_0330
  • Dscpdc_0002_burst20190725142223923_cover
  • Dscpdc_0003_burst20190729113903179_cover
  • Dsc_0328
  • Sw116
  • Sw117
  • Sw110
  • Sw111
  • Sw112
  • Sw113
  • Img_6673
  • Img_6674
  • Img_6675
  • Img_6676
  • Img_6680
  • Img_6682
  • Img_6684
  • Sw104
  • Sw105
  • Sw106
  • Sw100
  • Sw101
  • Sw103
  • Sw107
  • Sw108
無料ブログはココログ