« クリスマス集中実習をしました! ~製菓製パン学科1年~ | トップページ | 国家試験激励会を行いました! »

2017年12月28日 (木)

在校生インタビュー ~社会福祉士学科・精神保健福祉士学科~

今年も残すところ、あとわずか・・

皆様、よいお年をお迎えください!

2月の国家試験に向けてラストスパートをかけてきている社会福祉士学科と精神保健福祉士学科の学生たちにインタビューをしてみました

Sw1

社会福祉士学科 上原 加代子さん

精神保健福祉士学科 園田 栄作さん

 

① ソーシャルワーカーを目指したきっかけを教えてください。

上原さん:学校教諭として35年間勤務し、家庭の事情で、57歳で退職しましたが、完全にリタイアするのではなく、違った形で学校教育に携わりたいと考えるようになりました。

方向性を探る中で、スクールソーシャルワーカーが今、学校現場で強く求められていることを知り、社会福祉士の資格を取得しようと決心しました。

園田さん:私は、看護師として医療現場で働いていました。患者様の退院調整に関わる中で、看護師としての限界を感じました。

精神保健福祉士の役割・知識の必要性を他職種の立場から感じ、今回資格取得を目指しました。

 

② 国家試験に向けての意気込みをお願いします。

上原さん:入学して早い段階から国家試験に向けての綿密なカリキュラムが組まれているために、計画的に試験対策の勉強が続けられました。今後は、2月初旬の本番に向け、弱点を補強し、合格を目指します。

園田さん:看護師国家試験を受験した時を思い出し、「今回の国家試験も必ず合格する。資格を取得する。」という意気込みで国家試験に向けて勉強しています。

 

③ 今からソーシャルワーカーの資格取得を目指す人にメッセージをお願いします。

上原さん:全国の合格率25%程度という難関の国家試験に毎年80%を超える合格率を誇る智泉福祉製菓専門学校。その理由が入学してよく分かりました。ベテランの先生方の中身のある講義、合格に向けての効果的なカリキュラム、どこまでも支えてくれる先生方の温かさ。厳しく辛い勉強を乗り越えて合格を勝ち取った先輩方が数多くいるのは、智泉のこの体制あってのことです。一日一日が合格に向けての試金石となる智泉で学び、ソーシャルワーカーの資格を自分のものにしてください。

園田さん:ソーシャルワーカーの職種の幅が広がっています。目標を持ち、向かう道はいろいろとあります。可能性を信じ、資格取得を目指して頑張ってください。

 

 

« クリスマス集中実習をしました! ~製菓製パン学科1年~ | トップページ | 国家試験激励会を行いました! »

社会福祉士学科・精神保健福祉士学科」カテゴリの記事

最近の記事と写真

  • Dsc_0330
  • Dscpdc_0002_burst20190725142223923_cover
  • Dscpdc_0003_burst20190729113903179_cover
  • Dsc_0328
  • Sw116
  • Sw117
  • Sw110
  • Sw111
  • Sw112
  • Sw113
  • Img_6673
  • Img_6674
  • Img_6675
  • Img_6676
  • Img_6680
  • Img_6682
  • Img_6684
  • Sw104
  • Sw105
  • Sw106
  • Sw100
  • Sw101
  • Sw103
  • Sw107
  • Sw108
無料ブログはココログ